JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > ワークショップレポート

Job姉's Workshops Report

2012.7.21

第14回ワークショップレポート
「瞬間!ギター講座〜立ち姿で決まります!!〜」

7月21日、
第14回ワークショップが開かれました!

今回は
teena×ESPミュージカルアカデミーのコラボワークショップ
"バンドやろうよ!!SCANDALコンテスト予備校!"の最終回!
「瞬間!ギター講座〜立ち姿で決まります!!〜」
講師には
ESPミュージカルアカデミー
ミュージシャン科ギターコース副主任である
横田徹先生にお越しいただきました!

今回の参加者は男子2名、女子6名の計8名。
ギター経験がある子ばかりでMYギターを持っての参加です!
横田先生からの自己紹介のあと、ワークショップ開始です。

今回はパフォーマンスやステージング、フレーズのみならず、音作りも教えていただきました。

SCANDALの楽曲で使われているエフェクターを分析し、実際に体験して行きます。
アフターレポートでも少しだけ紹介しちゃいますっ!

まずは、ワウペダル。
少女Sのイントロで使われているエフェクターです。

今回の「立ち姿で決まります。」
のタイトル通り、ステージに一人一人立ってもらい、フレーズを演奏しながらエフェクターを体験します。
ワウペダルはみんな初めてだったようでかなり苦戦してたようです。
まずは、リズムに合わせて1.2.3.4と踏んでみるといいそうです!
そこからいろいろ試してみて
自分なりの踏み方を見つけていこー!

SCANDALといえば
瞬間センチメタル!
覚えやすいあのイントロテーマで使われているのがオクターバーというエフェクター。
弾いている音のオクターブ上下が鳴るエフェクターで、音に厚みが出ます。
一人で弾いているのに
大勢で弾いているような音の厚み!
エフェクターかけるのとかけないのとでは全く違いますね!
参加者のみんなからもかっこいいー!との声が上がります。
他にもトレモロやディレイなど
様々なエフェクターを教えてもらいました!

横田先生曰く、
エフェクターのかけ方は個人のセンス!
たくさんの曲のおいしいフレーズをコピーして、ネタを増やし、
自分のセンスでオリジナリティをもった音づくりに挑戦してみよう!
ステージにたつのが初めての子もいたけど、みんな堂々と演奏してましたねっ!
かっこよかったよー!
最後に記念撮影!
ワークショップが終わってからも積極的に先生に質問する参加者のみんな。
うまくなりたいという熱意が伝わってきます!
いっぱい練習して
SCANDALのまみちゃんみたいに
弾けるようになりたいねっ!
お疲れ様でした。

JOB姉 NaO姉

講師…横田徹先生
ESPミュージカルアカデミー
ミュージシャン科ギターコース副主任
1992年ESP学園ギターコース卒業。牧謙次郎(東芝EMI)のサポートミュージシャンとなり、ツアーおよびレコーディングなどに参加。鈴木彩子(ビクター)大沢樹生(ex光GENJI)などのライブサポートメンバーで活躍、現在はFREEN、The TIMEMACHINEなどの自己のバンドで精力的に活動しながらESP学園ギターコース講師として後進の指導にあたる。

SEARCH