JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > ワークショップレポート

Job姉's Workshops Report

2012.7.14

第13回ワークショップレポート
「瞬間!ヴォーカル講座〜体が楽器ナンです!!」

7月14日、
第13回ワークショップが開かれました!

今回は
teena×ESPミュージカルアカデミーのコラボワークショップ
"バンドやろうよ!!SCANDALコンテスト予備校!"の第3弾
ヴォーカル編
「瞬間!ヴォーカル講座〜体が楽器ナンです!!」
講師には
ESPミュージカルアカデミー
ミュージシャン科ヴォーカルコース講師である
郷田季恵子先生にお越しいただきました!
今回の参加者は3名。
SCANDALのLIVEに何度も行ったことがあるというSCANDALが大好きな女の子たちです。

まずはじめに
郷田先生から自己紹介からスタート。
発声についてのお話をしていただき、ボイストレーニングから実践です。
アフターレポではボイトレの部分をちょこっと紹介します!

まずは腹式呼吸のレッスン。
呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸の二種類があります。
歌を歌う時は多くの息を使うので、腹式呼吸が適しているとのこと。
腹式呼吸はみんなが寝ている時に自然にしているんだって!
鼻から息を吸って、口で吐く。
これを繰り返します。
呼吸って普段していることなのに
意識してやると難しく感じるねー。
次に滑舌のレッスン、リズムをつけるためにスタッカートのレッスンと続きます。
鏡を見ながら母音の「あ、い、う、え、お」の形をチェックします。
ポイントは「う、お」で下顎が下がっているか「あ、い、え」で両頬が上がっているか!そこに注意してみることです。
歌うときってこんなに顔を動かすんだねー!
そして、スタッカート!
「マッマッマッマッ」と音を短く切りながら発声していきます。
これはもとの歌を聞いて
どの音をどの位の長さで切っているかをよく聞いて、練習するのもいいですね!
これができるとリズムがかなり良くなります!
ボイストレーニングは鏡を見ながらやるのが1番♪
自分がどんな表情で歌っているのか、体はどのように使っているのか、確認しながら練習しよう!

そして、ボイストレーニングのあとは
一人一人SCANDALの曲を歌い、先生からアドバイスをいただきます。
もっと抑揚をつけたほうがいいよ、リズムキープを意識してみよう!など
先生の的確なアドバイスを受けて、もう一度歌ってみると、短時間なのに変化が見られます!
少し意識するだけでも、こんなに歌って変わるんですね!
みんな堂々と歌っていてかっこ良かったです!
最後に記念撮影!
楽しかったーって声がたくさん聞けて私も嬉しかったです。
みんな一生懸命に先生の話を聞いていて、たくさんのことを吸収しようとする姿勢に感動しちゃいました。
お疲れ様でしたぁー!

JOB姉 NaO姉

講師…郷田季恵子先生
ESPミュージカルアカデミー
ミュージシャン科ヴォーカルコース講師
タイロン橋本氏に師事。5年間ブラックミュージックとアメリカ人セス氏によるヴォイストレーニングを学ぶ。
その後、バブルガムブラザーズのレコーディングやツアーに参加。「ミュージックフェア」「ミュージックファン」「HEY! HEY! HEY!」などのTV番組やCMでコーラスを担当。
EXILEのVo.ATSUSHIが心から尊敬する恩師。

SEARCH