JOBS & STUDY

Top > JOBS & STUDY > ワークショップレポート

Job姉's Workshops Report

2012.6.17 / 6.30 / 7.7

第10回ワークショップレポート
JOBS & STUDY記念すべき10回目の特別企画!
「文化服装学院バックアップ スタイリスト体験」

6月17日

第10回記念! ワークショップが文化服装学院で開催されました。

参加者は13名。
文化服装学院の学生と
teenaからSilent Siren好きの女の子が集まりました。
高校生から短大生、専門学生と幅広い参加です!

今回のワークショップは
打ち合わせ&考察、フィッテイング、そしてLIVE本番と
計3回にわたる大々的な企画です!

早速、平松先生からワークショップの説明と打ち合わせ、
そしてスタイリストとはどんなお仕事なのかと説明があったところで
みんなお待ちかね
Silent Sirenメンバーとご対面!

会場からあふれ出る
「かわいい〜」「細〜い」の声。
拍手と歓声が上がります。
こんな間近でSilent Sirenを見れるなんて!

まずは今回のチームリーダーを務める
文化服装学院2年生から
あらかじめ考えてきた衣装のイメージをプレゼンテーション。
テーマやイメージカラー、使う素材まで
Silent Sirenメンバーのことを考えて
プレゼンしていきます。
みんな真剣っ!
そしてプレゼン後に
Silent Sirenメンバーと意見交換、
ディスカッション!

メンバーがどんな服を着たいか
好きな色は?嫌いな色は?
みんな、積極的に手を上げて質問していきます。
今回はライブの衣装ということで
楽器を持ちながら
パフォーマンスするので
動きにくい服装はNG。
ほかにも
ステージのバックの色や会場の広さも考え
アーティストさんが映える様にと考えます。
アーティストのイメージを意識しつつ
現在のトレンド、これからのトレンドを組み合わせてスタイリングしていきます。
スタイリストのお仕事って
常に流行を先取りしているんだね!

Silent Sirenメンバーとはここでお別れ。
イメージやテーマごとに4チームに分かれて
意見とプレゼン内容を元に
さらにディスカッションしていきます。
Silent Siren好きの女の子たちばかりなので
ある程度好みがわかっているみたい!
用意された衣装の中から選んで組み合わせていきます。
さすがは女の子!
意見がバンバン飛び出していきます。
色は?形は?柄は?素材は?
Silent Sirenメンバーの意見と
普段雑誌で見ているイメージを膨らませて考えていきます。

悩みに悩んで
終了時間を越えても熱心に話し合う参加者のみんな。
ほんとにSilent Sirenもおしゃれも大好きなんだなー。
憧れのメンバーが自分のスタイリングした衣装を着てステージにたつなんて
嬉しいねー!

さぁて次回はフィッテイング。
実際にSilent Sirenメンバーに衣装を着てもらい
選んでいただき、最終調整をしていきます。
さぁ、どんな衣装になるかなー?

6月30日

今回は4チームそれぞれの衣装をSilent Sirenメンバーに着てもらい写真撮影
その後どの衣装にするかを決定する運命の1日!
各チームは最後の調整に入りました

スタイリングと言っても既成の服をただただ組み合わせるだけではなくて
縫い合わせたりサイズを調整したり
装飾は布一枚から手作りしたり

でもそこは文化服装学院の学生がしっかりサポートしてくれて
見る見るうちに衣装として仕上がっていきます。
そして想いのたくさんつまった衣装をドールに着せて
Silent Sirenメンバーの到着を待つのみとなりました。

スタジオコーストのあの大きなステージ

Silent Sirenが自分たちのスタイリングした衣装を着て
パフォーマンスする姿を想像するだけでドキドキします!
参加者した女の子が嬉しそうにそう言っていました。

本当にSilent Sirenが好きなんだね。
その想いはきっと伝わっているはず!
そしていよいよSilent Siren登場!

ここから各チームのプレゼンを間近でじっくりと聞いてもらいました。
メンバーからは始終「かわいいー」の声が飛び交い
大盛り上がり!

文化服装学院の2年生がチームリーダーとして
それぞれのチームを引っ張り
想いを込めて堂々とプレゼンは進行していきました。
場所を移動して次は写真撮影!
実際に衣装を全て着てもらい
かわいくポーズを決めながら撮影していきました。

Silent Sirenのスタイリングをするということが
いよいよ現実に感じた瞬間です!
教室に戻ってここからは緊張の選考会です。
撮影した写真をプロジェクターに投影して
一枚一枚を真剣に見ていきました。

そして意見交換を何度も何度も交わしながら
みんなで悩みながら

決まりました!
ただこれで最終決定というのではなくて
メンバーの意見を取り入れて
さらに細かな調整に入っていきます。

選ばれたチームも選ばれなかったチームも
ここからは一つのSilent Sirenスタイリングチームとして
本番に向けてラストスパート!

●今回、衣装の協力を頂いた原宿の『too much』、『ベルベルジン』様へ衣装や小物をリースに!

7月7日

いよいよCOLORS 2012の本番当日を迎えました。

Silent Sirenのリハーサル終了後に
メイクを終えたメンバーが順番に
フィッティングルームに!

平松先生が中心となって
文化服装学院の学生とteenaの参加者が
手際よく仕上げていきます。

3回目の顔合わせともなると
みんなの気持ちが一つとなって
チームワークもバッチリ!

本番開始30分前には全てのスタイリングが終わって
みんなで記念撮影!

本当にここまでくるのには
気の遠くなるようなたくさんの作業があって

メンバーといっぱい話し合いながら、
みんなで決めた今日の衣装!

たーくさんの気持ちが詰まったこの衣装を着て
後は本番のパフォーマンスを待つのみ!

JOB姉 NaO姉

衣装協力:
too much http://www.toomuch.co.jp/
ベルベルジン http://www.berberjin.com/ 

協力:
文化服装学院 http://www.bunka-fc.ac.jp/
Silent Siren  http://ameblo.jp/silentsirenblog/
プラチナムプロダクション http://www.platinumproduction.jp/

※ESP学園presents COLORS 2012の当日の模様は、専門学校ESPミュージカルアカデミーのホームページ上で後日レポートされますので、楽しみにお待ちください。
講師…平松正美先生
学校法人文化学院 文化服装学院
ファッション流通専門課程 専任講師

■文化服装学院とは■
文化服装学院は、1919年に東京・青山に設けられた裁縫教授所を母体に、1923年、日本初の服装教育の学校として認定を受けました。開校以来、約30万人の卒業生を輩出し、文化服装学院の歴史は、 そのまま日本のファッションの歴史です。ファッション業界に数多くの人材を輩出する服飾系の専門学校です。

SEARCH