E! & CULTURE

Top > E! & CULTURE > れいぽん Special Interview

れいぽん Special Interview

『CHOKi CHOKi GiRLS』の専属読者モデルとして、圧倒的な人気を誇る“れいぽん”こと外川礼子。
今も日々増加中のフォロワーは、TwitterとInstagramで合計15万人を超えている。
今秋より事務所に所属し、夢を実現するために専門学校にも通うなど、新たなステップへと踏み出した彼女が見ているもの、感じているものは?
11月1日(@ESPミュージカルアカデミー『楽園祭』)に行なわれる久々のファン・イベント直前の彼女にインタビュー!

●読モになったきっかけから教えてください。
れいぽん:高校生の時に友達と表参道に買い物に来ていて、声をかけられたのがきっかけですね。
●原宿じゃなくて、表参道なんですね?
れいぽん:表参道にいました。その日は火曜日、ヘアサロンの定休日なので、美容師さんだらけで゛すごい、何これ?゛みたいになって。
●定休日の美容師さんが、カット・モデルを探すために大勢立っていたと?
れいぽん:そうです。モデハン(モデル・ハンティング)してました。
●それが最初なんですね?
れいぽん:一番最初はサロンのホームページで、そこから雑誌にも呼ばれるようになってって感じです。
●最初に載った雑誌は『CHOKi CHOKi GiRLS』(略称:チョキガ)ですか?
れいぽん:いや、メンズ誌の『キラリ!』です。ファッション企画の相手役の女の子みたいな感じでした。その時の読モでは、勝南美ちゃんとか町山博彦くんとかがすごくて。で、怖かったです、最初は(笑)。
●当時、憧れていた読者モデルとかいたんですか?
れいぽん:読モとか最初わからなくて。“あっ、私、読モなんだ”って、気づいたらなってた(笑)。
●スカウトされたくて表参道を歩いてたわけじゃなくて、買い物してたらたまたま、なんですね。
れいぽん:そうですね。当時は高校生だったんで、いいバイトくらいの感じで始めたんですけど、定期的に呼んでくれるようになりました。
●『CHOKi CHOKi GiRLS』の専属モデルになったのはいつからですか?
れいぽん:2年前ですね。高校卒業してからです(編注:2013年9月。同誌初掲載時から専属モデルとして活躍)。
●読モの中では誰と仲がいいですか?
れいぽん:やっぱり『チョキガ』専属の子たちですかね。プライベートでも遊んだり、ご飯行ったりしますよ。れんちゃん(古関れん)、れぴちゃん(松本鈴香)とか。(さいとう)あかりは忙しくて行けてないですね。
●ちなみに、スポーツは好きなんですか?
れいぽん:観るのが好きですね。
●特に好きなのは?
れいぽん:最近、男子バレーやってたじゃないですか。めっちゃ、いいですね。ルールがわかりやすい。点入れたら勝つ、あれだったら、なんとか(笑)。ラグビーやバスケット・ボールだと、やり方によって点が違うとか、わかりにくいんで。
●自分ではやってたりしたんですか?
れいぽん:ソフト・ボールをちょっと。でも本当に半年ぐらい。すぐに辞めちゃったんです。
●あんまりスポーツやってるイメージないですもんね(笑)。
れいぽん:ですよね(笑)、楽器の方が……。
●楽器やってたんですか?
れいぽん:ギターをちょっと。それも1年ぐらいですね。
●エレキ・ギターですか?
れいぽん:エレキです。高校で軽音部に入ってたんです。でも、バイトしたいから辞めちゃった。
●ちなみに、軽音部に入った理由は何ですか?
れいぽん:当時の彼が軽音部に入ろうって言い出したからOKって言って……楽しそうだったし。それに、部活っていうのに入りたかったけど、なんか運動って苦手だし、じゃあ軽音いいなと思って。で、なんでギターかっていうと、本当に単純なんですけど、ギターの枠が余っていたから。入部して、まずバンドを組まないと意味ないんですけど、私はボーカルがしたかったんですけど、ボーカル人気だし、ベースとドラムは経験者がいて、ギターだけ余ってるからギターでって言われて。
●最近はそうなんですね。昔はギターが一番最初に埋まってたんですけど。
れいぽん:みんなドラムとボーカルですね。
●『けいおん!』って流行ってました?
れいぽん:流行ってました。やってた、みんな! SCANDALのコピー・バンドとかやってましたね。
●ちなみに好きなバンドとか、好きなミュージシャンって?
れいぽん:Alexandrosがすごい好きです。でした(笑)。4年ぐらい前からライブに通ってて、最前列とかで観てたんですけど、なんか人気が出てきてチケットが取れなくなると、アーってなります。
●ずいぶん前からちゃんとしたファンだったんですね。
れいぽん:そうなんですよ。彼らがまだChampagne(シャンペイン。〜2014年3月)っていう名前で活動している時は、一番前で観れてたんですけど。
●他にはありますか?
れいぽん:チャットモンチーも好きですね。カワイイ、歌詞とかが。
●本格派というか、音楽好きって感じが伝わってきますね。
れいぽん:そうですか。なんか、なんでも聴きますね。音楽は。
●好きなアルバムとかシングルとかはありますか?
れいぽん:チャットモンチーだったら「8cmのピンヒール」っていう曲が一番好きです。Alexandrosだと「You're So Sweet & I Love You」って曲が一番好きです。あとは、なんかチャラいって言われるたらどうしようかと思うんですけど、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)とか。……最近は、『ラブライブ!』ばっかり聴いてます。
●失礼ですが、この話題でこんなに盛り上がるとは思わなかったです(笑)。……でもギターやってたのなら、読モでバンドを結成すればいいんじゃないですか?
れいぽん:ギターもきっぱり辞めちゃったんで……。後輩にギターもあげちゃった上に、弾き方とか、全然覚えてないですから(笑)。
●コピー・バンドだったんですか?
れいぽん:そうですね。みんな初心者だったんで。
●どの辺をコピーしてたんですか?
れいぽん:SCANDAL、チャットモンチー。……あとはUVERworld、RADWIMPSとかもやりたがってました(笑)。
(中高生時代に)しっかり勉強してたら良かったっていう後悔と、その時は学校が面倒臭いなと思ってたんですけど、今になって、学校って楽しかったなって思うんです。もっと行っておけば良かったって実感するので、本当、毎日、学校を楽しんでください!
●音楽以外、例えば本だったりモノだったりとかで影響受けたものはありますか?。
れいぽん:映画が大好きなんですよ。毎日観てる人から比べれば全然あれですけど、週に3本ぐらい観るようにしてます。で、洋画の場合は、吹き替えと字幕の両方を観るんです。声優の仕事をやりたいっていうのもあって、字幕では役者さんの演技を観て、吹き替え版ではそれがどう(吹き替えで)表現されているのかって。“あっ、なんかすごい”みたいな、2回感動しますね。
●一番好きな映画を挙げるとしたら?
れいぽん:なんだろう。一番好きな映画って言われて、ジャンルごと……例えばラブ・ストーリーだったらこれ、コメディだったらこれ、みたいなのないですか?
●ああ、わかります。
れいぽん:ラブ・ストーリーだったら、けっこう最近の映画ですけど、『アバウト・タイム〜愛おしい時間について』がものすごい好きですね。名作と言われる作品だと、『ショーシャンクの空に』は5回くらい観ました。めっちゃ、いい。あと、サスペンスだと『バタフライ・エフェクト』がすごくいいですよね。
●けっこう観てるんですね。週に2〜3本だったら、月に10本以上、かなりの数ですよね。
れいぽん:洋画が好きなのと、近くにゲオがあるんで、とりあえず借りますね。最近はフランス映画を観ますね。すごいキレイなんですよ、描写が。めちゃいいなと思いました。
●そんな中で、お薦めの映画は何ですか?
れいぽん:なんだろう。めっちゃ難しいですね。聞かれた人によりますね。
●では、10代女子にお薦めの映画は?
れいぽん:『ヒロイン失格』がいいんじゃないですかね、観てないんですけど(笑)。
●なんだ、それ(笑)。
れいぽん:『ウォールフラワー』っていう映画がいいです。エマ・ワトソンが主演の青春映画。
●じゃあ、20代には?
れいぽん:『アバウト・タイム〜愛おしい時間について』がいいと思います。後悔しない人生を送ってって感じで。
●本は読みますか?
れいぽん:マンガとかになっちゃいますね。活字はあんまり……。学生の時は国語が得意だったんですけれど、今はちょっと読まないですね。
●声優の仕事をしたいとおっしゃってましたが、そのために今秋からESPパフォーミングスタジオに通われるんですか?
れいぽん:はい。
●声優には、いつ頃から憧れていたんですか?
れいぽん:中学生ですね。
●誰の声を聴いてとか、どのアニメを観てとか、あるんですか?
れいぽん:『カードキャプターさくら』ですかね。マンガを読んでたんですけど、アニメを観始めて、マンガに声があるとこんな風になるんだっていうのがすごいなと思って、自分でもやってみたいなっていうのと、あとは単純に、声を褒められることが多かったので、なんかこの声を活かした何かをやりたいなという感じで、中学生ながらなんかいろいろ調べたんですよ。で、高校はそういうところに行きたかったんですけど、親に反対されて、一回(夢を追うのは)辞めたんです。
●まあ、高校受験のタイミングだと、反対される親御さんが多いんじゃないですかね。
れいぽん:“だよねー”って、私も思いました。
●『カードキャプターさくら』以外に好きなアニメとかマンガを教えてください。
れいぽん:最近、一番ハマったのは『PSYCHO-PASS サイコパス』ですね。
●ノイタミナ系の作品が好きという情報が、どこかのサイトに出てましたね。
れいぽん:好きですね。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』とかもやっぱり面白いですね。
●他はどうですか?
れいぽん:わりと萌え系、『カードキャプターさくら』とかのカワイイ系も好きなんですけど、(少年)ジャンプ系も好きだし。“これいいよ”って言われたら、とりあえず観てって感じです。
●憧れている声優さんとかいますか?
れいぽん:好きなのは、坂本真綾さんです。女の人だけど、男の子の声も昔からやってて綺麗な声、昔からずっと好きですね。
●自分の中では、例えば10ある中でどのくらいの割合を声優としてやっていきたいとかって思ってますか?
れいぽん:今ちょうどそれを(事務所と)話し合ってますね。欲張りなんで、10声優っていうのは、たぶん無理ですね。やっぱり興味が他にもあるんで、興味があること全部やってみたいですね。
●ブログ、Twitter、Instagramなど、いろんなSNSをやってらっしゃいますが、文章書いたり写真アップしたりする上で、自分なりに気を付けていること、注意していることってあります?
れいぽん:ネガティブな発言は絶対書かないです。
●確かに、そうですね。今、どのSNSに比重を置いていますか?
れいぽん:やっぱりTwitter、Instagramがみんな一番見てくれてるんで、そこですね。わりと夜、多めに更新してます。
●自分の影響力みたいなことを意識したりしないですか?
れいぽん:そうですね。意識するし、なおさら気をつけないとと思います。
●TwitterとInstagramのフォロワーを合わせる15万人を超えるわけですけど、すごいですよね。
れいぽん:でも、もっといっぱいフォロワーがいる子が周りにいるので、特にそうは思わないですね。それより、“こんなに好きです”とか言って、イベントとかで泣いてくれる子がいたりして、そういうことがあると、嬉しいな、この仕事やってて良かったなと思いますね、本当に。
●ファッションに関して聞きたいのですが、好きなブランドを教えてください。
れいぽん: AULA AILAとかHYKEが好きですね。ファスト・ファッションだと、ZARAが好きです。
●ファッション・ポリシーというか、上から下まで同じブランドで統一するとか、必ずいろんなブランドの服をミックスするといった、自分の中の決まりごとってあるんですか?
れいぽん:決まりごとは全然ないですね。着たいものを着ます。あと、Instagramとかで参考にしてる人がいっぱいいるんですけど、そうやって、いろんな人から吸収してます。あと、買う予定がなくても、お店、けっこうブラブラします。
●普段のショッピングは、原宿・表参道界隈ですか?
れいぽん:そうですね。あとは、代官山とか。
●最近のファッションのマイ・ブームは?
れいぽん:マイ・ブームってわけではないですけど、常に黒は多いです。黒ってやっぱり万能。
●月にどれくらい買うとか決めてますか?
れいぽん:バラバラですね。大きいものは悩みます。とりあえず、お取り置きしてもらって、本当に必要かどうか考えます。だいたい似たようなものになっちゃうんですよね、好きなものって。でも、やっぱり欲しい……ちょっと違うだけなのに、欲しくなっちゃう。
●コスメとかはどうですか?
れいぽん:プチプラのものも買いますし、ブランドのものも。ごちゃごちゃですね。いろんなもの試します。
●ネイルはどうですか?
れいぽん:ネイルは、ここ2年くらい、ナカヤマチエコさんって方にお願いしてます。
●その方のどこがいいんですか?
れいぽん:めっちゃ速いんですよ(笑)。速くて、オタクなんで話が面白い! あとは、家でやってるんで、だらーんってリラックスできて、楽しくしゃべりながら気づいたら終わってる、みたいな。
●カラコンはどうですか?
れいぽん:決まったものが多いですね、いろいろ試したいんですけど、カラコンって試せないじゃないですか? 化粧品だとサンプルで試せるからいいけど、カラコンはないから、失敗したくないと思っていつも同じのになるんですよね。
●今使っているのは、1デイ? 2ウィーク?
れいぽん:2週間です。
●カラコンはマスト・アイテムなんですか? 
れいぽん:視力がどっちみちすごく悪くて、コンタクトは入れないといけないんです。
●メイクする上で、自分の顔作りのこだわりみたいなものはありますか?
れいぽん:アイライン引かないです。もともとの大きさのせいか、引くとけっこうヤバいんですよね。キツい。
●外川さんみたいなメイクをしたい、外川さんみたいな顔になりたいって人には、逆にアイライン引けってことなんですかね(笑)。
れいぽん:どうなんですかね。ハーフっぽい感じにカラコンを入れて、眉毛ボサボサにして、前髪切って……。どうなんですかね(笑)?
●やっぱり、目をどうするか、でしょうね。
れいぽん:私が使ってるカラコンの色付いてる部分が14.5ミリなんですね。でも、みんながそれすると、(黒目部分が大きくなって)宇宙人になるんですよ。だから、カラコンをプロデュースした時、めっちゃ悩みました。私は14.5ミリがいいんですけど、14.2ミリが一番売れるそうなので。
●結局、いくつにしたんですか?
れいぽん:14.2ミリです。
●その0.3ミリで変わるんですね。
れいぽん:すごく変わりますね。
●モデルだからなのかもしれませんけど、ヘア・スタイルをしょっちゅう変えてるイメージがあるんですよね。撮影によって変えるのか、本人的に変えたいタイプなのかっていうと、どっちですか?
れいぽん:飽き性なので、髪形はめっちゃ変えますね。でも、最近はずっと眉毛より上です。
●そこのこだわりはあるんですか?
れいぽん:“おでこ見えてた方がいいね”って言われるんで。前まではキレイなパッツンだったんですけど、“マジ、やめたほうがいい”って言われて、これだったり、上げたりしてます。
●恋愛観とか聞いていいですか?
れいぽん:恋愛のことについては得意分野なんで、大丈夫です(笑)。
●自分から行くタイプですか? 待ってるタイプですか?
れいぽん:今までは、どっちもありました。うーん、でも、言ってほしいですね。私が好きですよってアレを出しますし(笑)。
●周りから見てわかる感じですか?
れいぽん:はい、確実にそうだと思います(笑)。
●自分の中でどういうタイプが好きっていうのはあるんですか? 見た目だったりとか、態度だったりとか、包容力あるとか?
れいぽん:根はすごい真面目な人がいいんですね。あと、浮気しない人がいい。私は、一緒にいて落ち着くっていうよりも、ふざけたいんで、なんかこうバカな人がいいんです。それを許してくれる感じだったらいい。私、けっこうふざけちゃうんで。
●恋愛が仕事の邪魔をするタイプではないですか?
れいぽん:ないですね。やることをやってからっていう風にはしてます。
●今後、活動を続けていく上で目標としている人はいますか?
れいぽん:あれもやりたいし、これもやりたいしっていう感じなんで。だからこの人みたいにっていうのはないですね。新しくなります、私が。
●何をしてる時が、最も自分が輝いている瞬間だと思いますか?
れいぽん:声優のお勉強とか、普通に仕事をしてる時も全然好きなことなんで苦じゃないですし、基本楽しいですよ、毎日。あとは、寝てる時ですね(笑)。
●そこですか?
れいぽん:寝る瞬間が最高です(笑)。
●他の読者モデルと比較して、ここは絶対負けてないというかここがあるから外川礼子、れいぽんですっていうところはありますか?
れいぽん:読モを始めて知名度が上がってきた時に、その時はフォロワー3万人ぐらいだったんですけど、“ちゃんとひとり一人リプとか返してて、ファンの子を大事にしている。ネガティブな発言もしないし、対応がすごいいいから、ファンの子も来てくれるんだよ”って言われて。そこかもしれません。
●どんな時にリプライしてるんですか?
れいぽん:電車乗ってる時とか、移動中の時は、ずっと返してますね。
●リラックス方法、健康法、美容法とかありますか?
れいぽん:半身浴とか岩盤浴とか好きです。気持ちよく汗をかきたいですよね。
●携帯とかでよく使うアプリはありますか?
れいぽん:乗り換え案内系ですね。
●実用的〜(笑)。
れいぽん:SNS系のアプリ以外だと、やっぱり写真加工アプリが多いですね。あとは、『ラブライブ』とかですね。
●写真加工アプリは何を使ってるんですか?
れいぽん:Instagramは写真加工アプリとしてもすごいし、あとは『正方形さん』っていうのを。
●Instagramは、正方形じゃなくてもOKになりましたよね?
れいぽん:名前は『正方形さん』なんですけど、新しいInstagramの長方形サイズにも対応してるんですよ。
●teenaのメイン・ユーザーは、中学生〜高校生の女子なんですけど、その子たちにメッセージとかアドバイスとかお願いできますか。恋愛についてでも、仕事でも学校生活でも、なんでもかまいません。
れいぽん:勉強した方がいいですね。中高生時代の自分に言いたいですね(笑)。しっかり勉強してたら良かったっていう後悔と、その時は学校が面倒臭いなと思ってたんですけど、今になって、学校って楽しかったなって思うんです。もっと行っておけば良かったって実感するので、本当、毎日、学校を楽しんでください!

SEARCH