E! & CULTURE

Top > E! & CULTURE > SCANDAL RINA ドラムセミナー Report & Interview

SCANDAL RINA ドラムセミナー Report & Interview

  • Report
  • Interview

男女問わず絶大な人気を誇るガールズ・バンドSCANDALのドラマーRINAのスペシャル・セミナーが7月29日、東京・高田馬場のESPミュージカルアカデミー本館B1ホールにて、300人の参加者を集めて行なわれました。
トークあり、質問タイムあり、フレーズ解説あり……間近で演奏をあますところなく観られるプレミアムなセミナーをteenaではテキストにて誌上再現。そして、セミナー終了後のRINAさんにインタビューを敢行!

「東京でもやってみたい」。

大阪では過去2回、イベント・スペースを使ってのドラムセミナーを開催したことのあるRINAさんの“小さな夢”が、「ライブハウスのような音響設備のしっかりしたところで生音を届けながら(セミナーを)やってみたい」ということで、今回はそれが叶い、喜ぶRINAさん。

「教えるというとエラそうで申しわけないんですけど、8年間ドラムをやって来て思うこと、これからドラムを始めるみなさんに伝えたいこと、ちょっとした技とかポイントを今日教えられたら、いろんなことに活かせてもらえるんじゃないかなと思って。一緒に頑張りたいと思います」。
開場時に“RINAさんからお客さんに聞きたいこと”をアンケートしたところ、大阪に比べると予想以上に経験者が多く、未経験者と経験者の割合は半々くらいといった状況で、セミナーはスタートしました。

イン・イヤー・モニター

ライブの最中、イン・イヤー・モニターから聴こえてくる実際のクリック音を紹介するという、初の試みからスタート。
「これを耳に付けて、ここから音を聴いて演奏してます。これを使うと会場の環境に左右されずに安定して自分の欲しい音を聴きながら演奏できるから、使ってるんやけど、どんな音が聴こえてるかっていうのは、今までお客さんには聴いてもらったことがないので、今日はその音をみなさんに聴いて欲しいと思い、音を用意してきました。私以外のメンバーも大きな会場でやる時は使ってるんですけど、ドラマーだけが聴こえてる音っていうのがあって。それがクリックっていうテンポを一定に保つための目印というか、リズム・キープのために出ている音。これを使っている楽曲が半分くらいあるんですね。その時の気分で速くなったり遅くなったりとか、音源よりもあえて遅くしたりとか速くしたりとかっていうのもライブの時はあるんですけど、音源と同じスピードで演奏をしたい曲やシーケンスというバンドが演奏している以外の電子音などを出しながら演奏している曲は、クリック音を聴きながら演奏しています。スピーカーから流れる音が、私のイン・イヤー・モニターから聴こえてる音と同じという環境で、今日は耳の中を体験してもらいたいと思います」。
クリック音にはカウベルの音を使っているそうで、「高音と低音をカットして、中音域だけが耳に返ってくるように音を作っていて……。そうすると耳の寿命がすごく延びる。身体って消耗品だから、大事に使っていかないとなって思うし、耳に優しい音を作って、使っていますね」。
ここで、「ビターチョコレート」で使用するクリック音をCDの音に併せて紹介。
「テンポをキープしながら演奏するんやけど、「ビターチョコレート」のように全体的にゆったりした曲の場合は、4分じゃなくて8分でクリックを刻むと、より正確に、ジャストなところでスネアだったりオカズを入れられるんです。ゆっくりの時は、クリックを細かく刻むっていうのが、練習の時もすごくいいと思います」。
RINAさん以外のメンバーはクリック音を聴いているんでしょうか?
「他のメンバーはクリックを聴いてないんですよ。だから、盛り上がって速くなっちゃう時があるんですけど、そこはグッとドラマーが我慢して支えてあげるという(笑)」。
CDとクリック音に合わせて実演。
違うクリック音のパターンとして、「LOVE SURVIVE」のケースを紹介。
「速い曲やブレイク、キメがたくさん出てくる曲は、合図をたくさん入れていて、4分でずっと刻んでいたのを8分に変えたり、1234っていうのを自分の声で入れてたりします。「LOVE SURVIVE」は耳がすごく忙しいです。大きく激しく行くところっていうのは、ギターとかベースの音も歪んですごく激しくなるんやけど、そこをタイトにすることによって、激しく動いてんのに、ものすごくキマっていて、きれいに聴こえるというか。ルーズに行ってもカッコ良く聴こえるところこそ丁寧に落ち着いてっていうのをやると、曲全体が引き締まるので、そういうのがポイントかな」。
CDとクリック音に合わせて実演。

スティック

スティック選びは、ドラムを自在に操るためにも重要な作業になります。
まずは材質の話から。材質は大きく分けて“ヒッコリー”“メイプル”“オーク”に分けられるようで、
・ヒッコリー:ポピュラーな材質。適度な固さと重さでコントロールしやすい。初心者にお薦め。
・メイプル:しっとりした持ち心地。軽めで金物に行った時に音の鳴りが特殊。ジャズやアコースティックに最適。
・オーク:固くて重いのでパワフルなサウンドでハードな演奏向き。RINAモデルもオークを使用。女性で使っているのをほとんど見たことがない。
とのこと。

ちなみにRINAモデル(Pearl 171A)に関してですが、チップの形が楕円になっており、「少し長さがある分、ハットの音色とかいろいろなパターンが出せます。いろんなニュアンスが出しやすいですね。先の方に錘(おもり)が入っているので、初めて握った時から自然と先が沈む感じの持ち方になるので、きれいなフォームで叩けます。個人的にはグリップ(滑り止め)を巻いているんやけど、巻くと、先の重心と対になって(重さの)バランスが並行になるんです。長時間叩いたりする場合は、グリップを巻いていると、手や腕のダメージも軽減されるのでお薦めです」とのこと。
では、初心者はどんなスティックを買えばいいのでしょうか?
「最初はヒッコリーがお薦めですけど、愛着が沸くものがいいから、RINAスティックお薦めです(笑)。ストレイテナーの(ナカヤマ)シンペイくんも絶賛してました(笑)」。
スティックの置き場所については……
「フロアのサイドにスティック・ケースごと掛けています。ここに10セット以上入れていて、さらにシンバルの左側にも2本入れています。左手が落ちることってあんまりないんですけど、折れたりしたら、それを捨てて、ここ(シンバルの左側)から取るのが一番早いんですね」。

リズムに対するアプローチ

いよいよフレーズ解説に入ります。
ロックのリズムといえば8ビート。
基本の8ビート(ドンパンドンパン)から始めて、そこからニュアンスを加えていくつかのパターンを実演していきます。

<8ビート>

・パターン1:キックも1拍目と3拍目に一発ずつのシンプル・パターン。
・パターン2:キックを1拍目と3、4拍目に入れるパターン。
・パターン3:2と同じパターンだが、ハイハットを上げるパターン。サビ等で使える。
「左足は踵に重心をおいて、爪先は上げてるくらいというか軽く添えてる感じですね」。
・パターン4:スネアを大きく叩く間に小さい装飾音的なもの、ゴーストという小さいオカズを入れるパターン
「最初は難しいと思うんですけど、雰囲気的にはちょっとだけチップをヘッドの中心に押し付けるような感じ。人差し指と親指だけでスティックを支えます。で、チップを(スネアの)センターに落として上げる。そうすると、連打のようになります。叩くというより落とすという感じですね。小さい音だけど、お洒落でスケール感が出る8ビートが叩けるようになりますね」。
「8ビートだけで1曲叩けるというか、Aメロ、Bメロ、サビ、Dメロで、それぞれ変化をつけることで、違いを出すことができるんです。使い分けをすると、立体感のある演奏ができるようになりますよ」。

<アタマ打ち>

「ポップな曲でよく使われるリズムなんですけど……」
・パターン1:ハットを閉じたままで右手と左手は同じタイミングで叩く。で、その間にキックを入れて上げるだけ。ハットもクローズしている。
・パターン2:ちょっと派手にするには、1のパターンでハットをオープンにする。
・パターン3:ちょっと難しいが、パターン1と2にキックを増やす。
「一定のリズムだったところに、少しハネたようなリズムが入ると、すごく華やかになります。テクニカルに聴こえたり、トリッキーに聴こえたりするのでお薦めですね」。
「8ビートとアタマ打ちを覚えれば、何曲でも叩けるし、ライブで曲と曲をつなげる時にいいですね」。

足周り

ドラム・セットやそのスペックに関しては、本人のブログや雑誌等で紹介されていますが、足周りに関しては、あまり言及されていません。
ということで……
昨年のツアーから、ツイン・ペダルになったそうで、「フィルの時とか、ライブ・アレンジで使ったりとか。音源では、まだ使ってないです」。
踏み方に関しては、「ハットに左足を置いている時は、踵を上げています(ヒール・アップ)。それでスタンバイしておくと、ハットが閉じているので、きれいな音が鳴ってくれる。ハットは、爪先の上げる足の乗せ方でいろいろな音が出せるので、繊細な場所ですね」。

「右足はバスドラムに置いていますが、こちらもヒール・アップ。両足とも爪先立ちな感じです。基本、全部ヒール・アップ。爪先のほうがコントロールが効くんです。キックを早く踏みたいのであれば、踵を上げることで解決することが多いですね」。
簡単かつ劇的にバスドラムの音を変えるには、そう、ビーターがポイントになります。
「種類もプラスチックだったり、木だったり、フェルトだったり……私は激しい曲が多いので、強いアタックが欲しくて、プラスチックを使うことが多いですね。さらに強いアタックが欲しい場合は、裏技的なんですけど、5円玉を使います。ビーターが当たるヘッドのほうにガムテープで貼るんですが、ビーターを換えただけでは物足りないということであれば、ぜひ試してみてください」。

スネア

ドラム・セットの中でも、最も重要なパーツといえるスネア。材質/音の違いを知れば、何を選べばいいかわかります。

・ウッド:他のスネアに比べて丸めで優しい音。明るい音
・ブラス:何にでも対応可能
・スチール:音量も音圧もある。パワフルな音楽に似合う

「初めて買う人は、ブラスの5インチがいいと思います。好きなジャンルやコピーする曲って、だんだんと幅広くなっていくと思うんですけど、これは何にでも対応してくれるので、長く使えると思います」。

参加者とのセッション

先ほど紹介したフレーズを使い、セミナー参加者とツイン・ドラムで演奏しようということで、希望者を募ります。
使用する楽曲は、ザ・ローリング・ストーンズの「サティスファクション」。
選ばれたのは、ドラム歴2年の女子高生16歳(高校2年)のウメムラカオリさん。
ウメムラさんはアタマ打ちでのリズム・キープ、RINAさんがアドリブ、ということでセッション!
上手かつ順調に推移したので、「もうひとり行きますか」というRINAさんの提案の元、ふたりめの希望者を募ります。
選ばれたのは、SCANDALのファンクラブ会員で、RINAモデルのスティックを使用、SCANDALと対バンするのが夢という、荻窪で活動しているドラム歴3年の高校3年生、ナカハラくん。
今回は、ナカハラくんがアドリブ、RINAさんがアタマ打ちでのリズム・キープという、夢のような展開でセッション!
ふたりには、サインと日付、コメントを入れたRINAモデルのスティックがプレゼントされました。

Q & A 憧れのRINAさんに聞いてみたいこと、いっぱいありますよね。

ドラムが家にない人は、どうやって練習したらいいですか?
RINA:一番困ると思うんですよ。私も今は電子ドラムが家にあるんですけど、それまでは7年間くらいずっとなかったので……。クリックが流れるリズムマシンとトレーニングパットっていう、円形でラバーがはってあるものが楽器屋さんに売っていて、それを叩いてクリックを聞きながらいろんなリズムをアクセントだったり右と左を同じ強さで叩く練習とか、そういう細かいことをお家でやるというのが一番効果的なんじゃないかなと思いますね。後はお家で好きな曲をたくさん聴く。好きなドラム・プレイをしている曲をたくさん聴くというのをやっていると、実際ドラムを叩く時に活きてくるなというのを自分は思っていて、イメージしながら聴いていると、それがトレーニングになってプレイにもちゃんと出てくると思います。聴く耳を育てるのがすごく大事だと思います。
初心者にお薦めの練習方法ですね。
RINA:家でできる基礎練習というのは、初心者に限らずプロになってもやってる人は多くて、すごく大事だと思いますね。
RINAさん、家でメッチャ練習してるんですよね。
RINA:すぐ下手くそになるので、怖くって。
ちょっとでも間が空いたら……。
RINA:そう。なんか感覚を失うというか。1日10分でもいいからドラムに触れて、ドラムのことだけ考える時間を作ると安心感も自信も変わってくるし、心が豊かになるというか。
他のメンバーもやってますかね?
RINA:やってますね。TOMOMIもすごいやってます。MAMIとも毎日連絡とってるんですけど、ずっと彼女も弾いています。HARUNAもすごい音楽を聴いています。ダンス・ミュージックとかも好きなので、ジャンルを問わずいろんなものを聴いていて、メンバーといるとすごい刺激になります。
バンド・メンバーとうまく合わせるにはどうしたらいいですか?
RINA:最初は自分のプレイにいっぱいいっぱいで、他の楽器の音を聴く余裕がないんですよ。それはみんなそう、当たり前で、自分だけができひんのやセンスがないんや才能ないんやと思うんじゃなくて、その最初の山を乗り越えれること。そしてメンバーと顔を合わせながら楽器を弾くのも大事だと思いますね。フレーズを自分がやってる時にベースは何をしているんだとか、ギターがこういうフレーズを弾いているから私はこういうフレーズなんだとか音楽を分解して理解していくと相手のこともわかってきて、合わなかったところが急に合うようになってきたりすると思います。うまくなるのは突然やから、その日を待って頑張っていってほしいと思います。
RINAさんは演奏とパフォーマンスが同時にできていますが、私はできません。演奏に集中してパフォーマンスができない……どうしたらいいですか?
RINA:私は逆に最初はパフォーマンスしかできなくって……。と言うのも、私たちはもともとダンス・スクールに通っていて、そこでいきなりバンドを結成することになったので、カウントも1234で始まっていなくて5678って弾いてたんですよ。ダンスは5からカウントが始まるの。それが当たり前だと思っていたから1からカウントするのもしばらく経って、あなた変だよって言われてからなんです。そんな音楽との出会いの経緯も含めて、メンバーみんな見せるっていうことに関しては最初からわりと感覚があったので、あんまり考えずにきたんです。ただよくそういうことを言われるから、私も昨日考えたんやけど、鏡の前で演奏するていうのはすぐに効果がある方法ですね。ドラムもまだ演奏がつたない時は、自分のプレイ姿を見るのは恥ずかしいけど、意外と最初は自分が思ったような形で全然できてないし、客観的に見ることによってセッティングの様子も伺えたり、プレイの癖とかも自分で見つけられるから、鏡の前で自分を見るというのはすごい大事。あとは、あんまりパフォーマンスしようと思わなくていいと思いますね。ドラムをちゃんと叩けるようになったら、自然とガーと行くところは頭振ってしまうやろうし、そういうものが人から見たら、結果パフォーマンスに見えたら一番いいなと私は思っていて。激しく動くねって私も人からよく言われるんやけれども、私は激しく動こうと思ってやっていない。恥ずかしいもん。「これパフォーマンスです。」って言うの。自然と自分から出てくる動きが人から見て楽しく見えるのが一番いいなと思っています。だから感じるままに動く、何も動かなくてもカッコいいところとか素敵なところもあるから、そんな気にせず、まず楽しむことだと思います。
ドラムのセッティングでは、どのようなことに気を付けていますか?
RINA:私、セッティングはスネアとフロア・タムの間がめっちゃ狭いんですよ。だから、私のドラム・セットをセッティングしてくれるローディーがちょっと面積多めの人なんですけど(笑)、その人の足が入るギリギリくらいなんですよ。
なんでそんなに狭くなったんですか?
RINA:パフォーマンスにつながるんですけれど、前屈みになって叩くことが私はあって、その時に離れたセットだと脇が開いて力が全然入らないんです。でも重心が前に行っても狭いセッティングにしておくと、脇を閉めたまま力を入れて叩けるということで、どんどん狭くなってきましたね。
ライブ前の準備運動はどのようなことをしていますか?
RINA:準備運動は、みんなでストレッチくらいですね。スポーツする前のストレッチと変わらない感じで基本的なもの、いろんなところ伸ばしたり、後のケアをけっこう気をつけています。ライブ後、手首を冷やすのはずっとやっています。私、今めちゃくちゃ故障しやすくて、ツアー前にシンバルまで手が上がらないくらい壊しちゃった時があったんですよ。で、病院行って冷やし方を教えてもらって、冷やし過ぎもダメらしいです。片方3分で交互に、両腕で12分冷やすのがベストらしいですね。それは気をつけてやったほうがいいなと思います。
今、バンドを組んでいるんですが、バンド・メンバーの好きな音楽がバラバラでうまく息が合いません。どうすればいいでしょうか?
RINA:好きな音楽が違うからやりたい曲が違うってこと?
SCANDALも好きな曲バラバラなんでしょ?
RINA:ウチらはけっこう違います。でも嫌いな音楽って、全員ないんですよ。好きな音楽は全員見事にバラバラで面白いんですけれど、その誰かが聴いてるCDを貸し借りして、これはこういうところが魅力やねとか、そういうのは常に話してる。だからメンバーにも自分が今こういうのが好きでこういうものをやりたいんだっていう話をしたり、音楽のコミュニケーションを増やすというのはひとつポイントかもしれないですね。
バラバラでもできますからね。
RINA:けっこう多いと思います。好きな音楽のジャンルが1ミリもずれずにやっているバンドの方が珍しいと思います。好きな音楽がバラバラでいろんな趣味があるというメンバーがいるというのは、逆に言えばむちゃくちゃ強みやからね。いろんなジャンルのいいところを知ってるわけやから、それをもっと共有して認め合って、たくさんコミュニケーションとってほしいなと思います。
RINAさんのエモーシャルなライドを叩く姿が好きなのですが、私が叩くと綺麗な音が出ません。普段どんなことに気をつけてライドを叩いているのでしょうか?
RINA:ライドは難しい位置にあるんですよ。なんで難しいかというと、ハイハットを叩く時って、ちゃんと身体が締まる、締まったフォームになって叩けるから安定してて、だから基本的にリズムもとりやすいし音も鳴らしやすいんやけど、ライドになると右手を開いた状態で全体的に(身体が)開いたフォームになるんですね。となると、テニスとか野球とか、卓球とかと一緒で、身体を開いてしまうと不安定なんですね、人間の作りとして。だからライドを叩く時には、思うような音が鳴らなかったりするんやけど、それのポイントとして私が気をつけていることは、意識的に重心を後ろに持って行く、お尻の上を軸とするのではなく、その一歩後ろを軸とする、ちょっと引いて手を目いっぱい伸ばしながら8ビートを鳴らす。あとはタップというのを叩く時は、スティックのチップじゃなくて(チップより)手前のところを使って叩くと綺麗な音が鳴ります。スティックと叩く位置と身体の軸を持って行く場所を気をつけながら叩くと、いろんなことが解消されるのではないかと思います。
セット・リストの組み方を教えてください。
RINA:私たちの場合はメンバーと相談しながら作っていくので、まず全員の意見を入れて、歌詞を大事にしながら作ります。こういうシュチュエーションの歌詞で始まったから少し切なくなって、最後はハッピーに終わろうとか。歌詞の中の主人公の立ち位置を想像しながらまずは大枠を作っていきます。あとはリハをしながら組み換えていくんですけど、テンポとか曲調とかはいくら歌詞に合わせても違うものが出てくるので、そこはけっこう私が中心に意見を出します。速い曲の次に遅い曲をすぐに持ってきてしまうと中だるみして聞こえるというかもったいなくなる、だから速い曲は固めてあげたり、遅い曲をやってから速い曲をやるとか、次の曲が活きるような順番で作るのがいいと思います。気持ちのいいテンポを考えながら、でもどうしてもテンポが落ちてしまうけどこの曲の次にやりたいと思う曲もある時は、演奏の間を少し開けたり。ライブの時の曲と曲の間はものすごく大事で、あそこが肝だと思っているので。名前を呼んでくれるというのも嬉しいんやけど、言っていい瞬間とそうじゃない瞬間があると思うので、緊張感のある間を空けたい時はシーンとなってお客さんが何も言わないというのがとても気持ちがいい。声も出せない雰囲気をちゃんと作れて、それを全員で共有できている時は良いライブになってるって実感できます。
「カゲロウ」のサビのロールのやり方を教えてください。
RINA:ロールの質問もよくされますね。テンポをキープするのも大変やし疲れてくると思うんですけど、これはアクセントを右手と思ってずっと叩く、で、左手はニュアンスニュアンスっていう感じで。するとギターもベースも歌も歌いやすいし、グルーブが一気に出ると思う。ロールの時はアクセントをどこで持って行くかというのを考えるとスムーズにできると思います。

ドラム・ソロ&……

セミナー最後は、RINAさんのドラム・ソロ。夏休み中の開催ということもあり、タイトルは「夏休み」に決定。約5分にも及ぶテクニカルかつエモーショナル、インプロヴィゼーション性溢れる演奏に、セミナー参加者は大興奮!
そして興奮冷めやらぬまま、記念撮影が行なわれ、セミナーは無事終了しました。

SEARCH