E! & CULTURE

Top > E! & CULTURE > Little Glee Monster Interview
Special Interview スペシャルインタビュー

Little Glee Monster

“研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す……”そんな夢を抱いた最強の歌少女たちが全国から集まって結成されたのが“Little Glee Monster”。
力強い歌声と透き通ったハーモニーを武器に、世界に通用する本格的シンガーユニットを目指す小さな歌のモンスターたち(かれん、MAYU、芹奈、manaka、麻珠、アサヒ)にインタビュー!

何回も聴いて実際歌ってみてっていうのを繰り返しやっていると、上手になっていくんじゃないかと思います。

どうやったらそんなに歌がうまくなるんですか(笑)? 歌が上手くなりたい人に対して、アドバイスするとしたら?

かれん

かれん:私は小さい頃からレッスンを受けてたんですけれど、例えば誰かの歌を練習すると決めたら、その人の真似をすることから始めたほうがいいんじゃないかなと思います。それが、歌がうまく歌えるひとつの方法だと思ってます。

MAYU:私もかれんと似てるんですけれど、例えば音程とか取りづらい楽曲とかあるじゃないですか。そういう時は何回も聴いて実際歌ってみてっていうのを繰り返しやっていると、上手になっていくんじゃないかと思います。

芹奈:わたしは基本から徐々に進めていけばうまくいくかなと思っていて、筋トレとか腹式呼吸とか横隔膜呼吸とか、お腹から声を出す練習をしたら力強い歌声が出ると思います。

manaka:私、今はハモリとかできるんですけれど、前まではハモリも全然できなくて……私も含めてメンバーみんなそうだったんですけれど、できるようになったきっかけが、やっぱり何回も聴いたからなんですね。何回も聴いて、かれんの言った通りに、その人の真似から始めたら一番いいかなと思います。

麻珠:私もみんなと同じ考えなんですけれど、本人の歌声をよく聴いて、何回も歌って聴いてを繰り返して、音程をちゃんととれるようにして、それから自分のオリジナルの歌い方を見つけて練習していったら絶対うまくなると思います。

アサヒ:私は感情のまま歌ったらいいと思います。

みなさんそれぞれのグループの中での立ち位置というか、どういう役割を担っているのかっていうのを教えてください。

かれん:私は他のメンバーと比べて、そこまで力強い歌声が出ないので、逆に引き算をして歌うように心がけています。

引き算っていうのは?

かれん:引く歌い方をするようにしているというか……。

MAYU

MAYU:私も張る声とかパワフルに歌うことができないんで、自分でいうのもなんですけど、自分を一番出せるのがファルセットだと思うので、みんながここパワフルに行くっていうところでも私はファルセットで行ったりするので、私は立ち位置的にはなんて言ったらいいんかな、ファルセット系ですね。

芹奈:なんやねんやろう……。うーん、力強い高音……が、最近は多いです。

立ち位置的にはどうですか?リーダー、もしくはセンターというか……。

全員:ムードメイカー!

そんな感じですか?

芹奈:そんな感じです(笑)。

manaka:私はトークを主に担当していて、よくしゃべるヤツと覚えてもらいたいと思います(笑)。

麻珠:私はけっこう地味な感じなんですけど(笑)、いつもみんなを観てる、みたいな。そんな感じですね、普段は。

アサヒ:天然、変な人……なんだろう?

manaka:すごい言葉のチョイスがおかしいんですよ。話してても個性的過ぎて、あんましわかんない(笑)。不思議なメンバーです。

芹奈:いじられキャラです(笑)。

アサヒ:そんな感じです(笑)。

メンバーの中でリーダー的役割の人は誰ですか? そういうのは決まってない?

芹奈:誰がリーダーとかいうのはないですね。みんながそれぞれの役割を担っている感じ。

ボケ担当とかツッコミ担当とか、そういうのもない?

manaka:ボケはアサヒとか。つっこみはMAYUとか。

MAYU:一応、どっちもやります(笑)。

かれん:大阪人が多いんで楽しいですよ。ノリが良くて(笑)。

結成当時、出身地域的なことでギクシャクしたとかなかったですか?

かれん:全然なかったです。

性格的な部分ではどうでしたか?

MAYU:最初は壁みたいなものがありましたけど、今はもう全然ないです。

影響を受けた、もしくは好きなミュージシャン/バンドを教えてください。

芹奈

かれん:私は宇多田ヒカルさんと、海外だとバーディー(BIRDY。イギリスの女性シンガーソングライター)さんです。ふたりとも歌声が透き通ってて……そういう人が好きです。

MAYU:私は両親の影響なんですけど倖田來未さんがすごい好きで、小学1年生の時に生まれて初めてライブに行ったんですけど、それも倖田來未さんなんです。で、その時に刺激とか衝撃をもらって、そこからずっと大好きで、今も憧れているアーティストです。

芹奈:私はクリスティーナ・アギレラさんに影響を受けました。

manaka:私はビートルズを好きになって、そこから洋楽ロックを聴くようになって、まあいろんな人に影響を受けたんですけど、一番いろんな音楽を知るきっかけを作ってくれたのがビートルズです。

麻珠:私は中国人の女性の方でアラン(Alan。中国四川省出身の歌手。小学館『AneCan』の元専属モデル)さんっていう方がいらっしゃるんですけど、中国人の中国系のサウンドというか独特のしゃくりていうか、そういう歌声がすごい好きで、すごい透き通っててキレイな歌声なんで憧れてます。

アサヒ:私は祖母の影響で昭和歌謡が好きになって、そこから山口百恵さんが好きになりました。

特に好きな曲とかは?

アサヒ:「プレイバックパートpart 2」とか。

目標とされるグループになりたいというか、私たちが音楽業界を変えられるような、音楽業界に刺激を与えられたらなと思います。

ファッション大好きだと思うんですけれど、それは普段のステージに反映されているんですか? それともステージとプライベートは違うんですか?

manaka

全員:全然違います。

プライベートだとどんな感じですか?

かれん:わたしは大人っぽいキレイめな格好が好きです。

MAYU:私はヒョウ柄とかガイコツの絵柄が入ってるとかの格好が好きです。

芹奈:私はけっこういろんな服を着るのが好きで、青文字系も着たり、大人っぽいのも着たり、とにかくいろいろ着ます。

manaka:私はモードな服が好きですね。基本的に一点物が好きなんで、古着とかばっかりなんですけど、雑誌でいえば『装苑』とか『Ginza』とか読みます。

麻珠:けっこう派手な服が好きなんですけど、大人っぽいのとかロック系とかも好きなんです。雑誌でいったら『egg』とかすごい読んでました。

アサヒ:ふわふわした服が好きです、ガーリーな服が。

最近、一番聴いている曲とかアーティストを教えてください。

かれん:リトルミックス(2011年に結成されたイギリスの4人組のガールズグループ。オーディション番組『Xファクター』第8シーズンの優勝者)さんとかよく聴きます。

麻珠

MAYU:三代目 J Soul Brothersさんをよく聴いてます。

芹奈:私はビヨンセを聴いてますね。

manaka:くるりを聴きます。

麻珠:UVERworldさんとニッキ―・ミナージュ(“ニッキー・ミナージュ”ことオニーカ・タニア・マラージは、米国のラッパーおよびシンガーソングライター)さん。

アサヒ:坂本冬美さんの「夜桜お七」を最近リピートしてます。

今後、グループとしてどうなりたいか、また、個人としてどうなりたいかというところを教えてください。

かれん:グループとしては、誰かを目指すというよりか、リトグリが唯一無二の存在になりたいと思っています。個人としては、福山雅治さんみたいな人になりたいと思っています。

どういうところを? 演技も歌も、みたいな?

かれん:はい。福山さんはいろんなことができるので、そういう女性になれたらいいなと思ってます。

MAYU:グループとしてはやっぱりLittle Glee Monsterという名前のように小さいモンスターなんですけど、いつかはリトルじゃなくてもっと大きなモンスターっていったら変ですけど、いろんな方に憧れられるような存在になりたいですし、個人としてはさっきもお話しさせていただいたんですけれども、倖田來未さんみたいにいろんなジャンルの曲を歌える人になりたいと思います。

芹奈:目標とされるグループになりたいというか、私たちが音楽業界を変えられるような、音楽業界に刺激を与えられたらなと思います。個人的には、私が死んでも歌われ続けるような歌手になりたいです。

アサヒ

manaka:グループとしては日本武道館でワンマン・ライブをすることが目標というか絶対叶える夢なんです。そして、世界の人に、日本にもこういう子たちがいるんだよって知ってもらうために、世界に通用するアーティストにリトグリがなれたらいいなと思っています。個人の目標は、楽器を触ることが好きで、自分で曲を作って作詞したいっていうのもあるんですけど、お芝居とか絵を描くこととかも好きなんで、10代のうちにいろんなことに挑戦できたらいいなと思います。

麻珠:ひとり一人ちゃんと個性を持った、今までにないと言われるようなグループになっていきたいです。個人だと、今アコースティック・ギターを練習している最中なんですけど、ギターを弾きながら歌えるような、YUIさんみたいにクールでカッコ良くて歌声はピュアみたいな、そういうアーティストになりたいです。

アサヒ:グループとしてはみんなも言ってたけど、今までにないようなグループで、みんながこうなりたいという憧れの存在になりたいです。個人としては、山口百恵さんが好きって言ってたんですけど、彼女のように雰囲気がある人になりたいです。

Disc

セカンド両A面シングル

『青春フォトグラフ/ Girls be Free!』

2015.3.4

初回生産限定盤

(CD+DVD)
SRCL-8659〜8660
¥1,574+tax

初回仕様限定盤

(CDのみ)
SRCL-8661
¥1,204+tax

メジャー・デビューシングル

『放課後ハイファイブ』

2014.10.29

初回生産限定盤

(CD+DVD)
SRCL-8628〜29
¥1,574+tax

初回仕様限定盤

(CDのみ)
SRCL-8630
¥1,204+tax

Profile

  • かれん
    1998年6月8日生 静岡県出身
    体が柔らかく、ハモリとピアノ弾き語りが得意。
  • MAYU
    1999年9月12日生 大阪府出身
    ヒョウ柄研究家。声が大きい。
    大阪のおばちゃんキャラ。
  • 芹奈
    1998年6月1日生 大阪府出身
    グループのムードメーカー。
    ビートボックス特訓中。大の犬好き
  • manaka
    2000年12月5日生 大阪府出身
    ビートルズ大好き。ジョンレノンに恋をしている。
    メンバー最年少。
  • 麻珠
    1998年4月25日生 山梨県出身
    透明感のある癒し系の声。
    くちびるの形フェチ。
  • アサヒ
    1999年5月13日生 北海道出身
    不思議キャラ。メイドカフェに憧れ中。
    昭和歌謡愛好家。

デビュー前よりさまざまな有名アーティストとの共演を果たし、卓越した歌唱力で話題を呼んでいた女子中高生6人組ボーカルグループ「Little Glee Monster」がついにメジャーデビュー!
“歌声だけで人々の心に爪痕を残す”ことをテーマに集まった平均年齢15歳のメンバーの中には、地上波テレビの参加型歌番組や全国のコンテストで優勝経験のあるまさに“歌のリトルモンスター”が集まったスーパーガールズグループです!
個性的なハーモニーや高度のアカペラまでこなす歌声は一聴の価値あり!

Official Site

SEARCH